Bonjour!

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

2007-02-28

ココログフリーにコメント出来ない不具合頻発中?

私自身は先日(2/14)いただいたトラックバック元にコメントをしようとして発生しただけなのですが、ここ最近、みんなで解決!広場を見ていると何度となく同じ不具合が報告されているようなので、かなり頻発しているのではないだろうかと思いました。

# いただいたトラックバック元→ 碧き流星: 【ココログ】ココログフリー過去記事編集ブックマークレット.

風柳さん作の『みんなで解決!広場』検索を使ってざっと調べてみた結果、以下のものが関連投稿じゃないかと思われます。

-(1/28) コメントに書き込み出来なくなりました。
-(2/19) コメントができません
-(2/24) コメントへの返事ができない!
-(2/26) コメント出来なくなった。

最初の投稿に、とおり・すがりさんからのレスとして、ココログの障害がこの不具合の原因である可能性が指摘されていて、そこにあるリンク先:

お知らせココログ: 1/30 コメント/トラックバック投稿で障害が発生しておりました

を見てみると2/5に復旧作業が完了したと書かれているのですが、広場の現状を見ると、最近の方が状況が悪くなっているように思われますね。もちろん、同じ原因が再発しているのか、別の原因なのかはわかりませんが。少なくとも、最近の症状に共通しているのは、403エラーのように見えます(私もそれでした)。

なお、同記事によると、この不具合を解決するにはコメントできないブログを再構築すれば解消される場合があると書かれていますが、コメントできないことに気づいた人からはそのブログオーナーにコメントでお知らせできないわけですから、結構気づかず見過ごされている場合もあるんじゃないかなあと思いました。

以上、海外からだから不具合に遭遇することも多い(*)かもしれないと思って半分あきらめていたのですが、どうもそうでもなさそうな感じがしてきましたので、エントリーしてみました。

2007-02-21

Mardi Gras : ドーナツを食べる日?

昨日(2007-02-20 火曜日)は、Mardi Grasでした。Mardi [マルディ] が「火曜日」。Gras [グラ] は「脂っぽい」。つまり、マルディ・グラは、「脂っぽい火曜日」。…なんじゃそりゃ。

検索してみると、またまた「フランスのおへそのアパルトマンから・・・」さんに素晴らしい説明がありました。

Chandeleurの時にも書いたのですが、今日2月28日はマルディ・グラです。マルディ・グラは謝肉祭の最終日であり、和訳は「告解の火曜日」となっていました。

明日は「灰の水曜日」呼ばれ、この日からPâques(復活祭)までが、カトリック断食期(四旬節)にあたります。この期間は肉、卵や高脂肪食べ物を避ける事になっているため(現在は、守るか守らないかは人によるでしょうが・・・)、マルディ・グラには卵がたっぷり入ったクレープや油で揚げた菓子、ご馳走などを食べるということなのでしょう。

フランスのおへそのアパルトマンから・・・:Mardi Grasとベニエ

Chalendeurの話の時にも書きましたが、この行事も今年まで気づいてませんでした。(^^;

昨日の昼、妻曰く、
「今日はマルディ・グラだからドーナツ買ってきて~。山の上のビューニュが美味しいらしいよ。薬屋の裏の」
とのこと。
「ああ、パン屋、ね。山の上の。ビューニュ?ベーニェじゃなくて?」
「そうそう」
「ふーん」
(Mardi Grasにはドーナツを食べるのか…)
ということで、昼食後に娘を幼稚園に送り届けてから買いに行ってみました。ビューニュってどんなヤツだろう?と思いながら。
すると、なんと売り切れで。
午前中で売り切れるとは。
もっと作ってくれよ!とガックリでした。

しょうがないので幼稚園が終わった後、娘と一緒にいつものチョコレート屋にドーナツを買いに行きました。

夜、会社から帰ってきた妻に、
「ビューニュ、なかったよ。売り切れ。さすが評判になるだけはあるね。」
というと、
「えー! …でも他の店で買ってくれたよね?」
というので、
「ん?だってビューニュってその店の銘菓か何かじゃなかったの?他でも売ってるの?いや、一応、いつものショコラティエでドーナツは買ったけどね。」
といったところ、
「何だ、ふう。」
とのこと。
ん?
「こんなヤツだよ?」
といってドーナツを見せると、
「そうそう、これこれ」
という。
???

こちらの揚げ菓子でわりにいけるのが、Bugnesというリヨンの一口大揚げ菓子。コニャックのようなお酒がまぜてある生地なのですが、実は私の住む街で食べているイースト生地のものは「本当のBugnes」ではないらしいです。本物はGansesに近いものだとか・・・。

フランスのおへそのアパルトマンから・・・:Mardi Grasとベニエ

なるほど。
ビューニュ(Bugnes)は、その店だけの銘菓じゃなくて、Lyon名物なわけですね、元は。
…私、リヨンに昔一年ほど住んでたんですが、ビューニュ、全然記憶にないです。(^^;
ま、いつものことですけど。
Mardi Grasとか名物とか、全然気にせずに食べてたんだろうなあ。

それから、リンク先の最初の画像を見てもらうと分かりますが、私が昨日買ったビューニュもまさにこんな感じで、長方形の生地の真中に縦に切れ目を入れて揚げて、仕上げに粉砂糖を振りかけてあるような感じのドーナツでした。
一口大というよりは二口大という感じでしたが。
でも、写真はGansesというドーナツなんですね。
本物は、生地にお酒が混ぜてある、と。
じゃあ、私が買ったのも、「本当のBugnes」ではなかったのかもしれませんねえ。
はっきりとは分かりませんが。
なぜなら、娘と妻に全部食べられちゃったからです~(笑)

実は、娘が最後のビューニュを食べる前になんとか間に合って、
「ちょっと味見ぐらいさせてよ」
と言ったのですが、
「いや。美味しすぎるもん」
とツレナイ返事。
嗚呼、娘よ。そんな風に育っちゃうなんて。親の顔が見たい云々。

「ちくしょう。明日、あの店でビューニュを買って全部一人で食ってやる!」
と叫んだのは言うまでもありません。(笑)

が、今日が「灰の水曜日」で、Paquesまでは「四旬節」、カトリックの断食期、か。
ダイエットしなくちゃいけないしなあ。
うーむ。
…やめておくか。

----

ところで、Wikipediaによると、

マルディグラ (MardiGras) とは、フランス語で「肥沃な火曜日」の意で、謝肉祭の最終日、「灰の水曜日」の前日を意味する。英語の Shrove Tuesday に相当する。ニューオーリンズでは、転じて謝肉祭全体がこのように呼ばれる。カトリック教会などの西方キリスト教における四旬節の前に行われる祝賀であるため、アメリカ合衆国南部(ルイジアナ州全般、アラバマ州テキサス州フロリダ州など)や、カリブ海の多くの国、南アメリカベルギーなどヨーロッパ各地で行われている。

マルディグラ - Wikipedia

とのこと。
フランスのマルディグラは、語源になってますけど、あまりメジャーじゃないっぽいですね。
たしかに、ドーナツを食べるだけってのは、地味~な感じ。
娘の幼稚園でもカーニバルなら結構盛大にやりますけど、マルディグラは何も行事がなかったみたいですし。

ちなみに、今年の幼稚園のカーニバルはリニューアルだそうで、3月30日に、イースター(Pâques)と兼ねてやるんだとか。去年までは、幼稚園内にある一番大きなホール(Salle de Jeux)で、仮装した子供たちが先生と一緒に歌ったり踊ったりしてたんですが、今年は仮装して町を練り歩く企画になったみたいです。
ちょっと楽しみ。
毎年同じだとマンネリ化しますからね。

# ん?マンネリってなんだろう…[*]

ところで、ニューオーリンズのマルディグラですが、三大カーニバルの一つだとか?
…リオとベニスしか思いつかないんですけど、そんなに有名なんでしょうか。

あと、ニューオリンズじゃなくてニューオーリンズなんですね。

そらから、ニューオーリンズ = ヌーベル・オルレアン。
オーリンズがオルレアンと同じなんて、フランスに来るまで気づきもしませんでした。

----

以上、義理の両親&甥姪が今日来る予定だったのが金曜日になったのでラッキーちょっと一休み、なエントリーでした。

2007-02-03

Chandeleur: クレープを食べる日

なんとなくカレンダーを見ていると、今日(いや、もう昨日ですが)の所に «Chandeleur» と書いてありました。

なんだろうと思って妻に聞いてみると、クレープを食べる日なんだとか。

もうすぐ在仏5年になりますが、この日の存在に気が付いたのは今年が初めてでした(^^;

いろんな日があるものですね。

Chandeleurの説明は、以下に詳しくありました。

フランスのおへそのアパルトマンから・・・:Chandeleurはクレープを食べる日.

PS
我が家ではクレープ禁止令が発動中なのですが(笑)、たまにはいいだろうということで、食べました。
いつもの如く、既製品を暖めて砂糖とレモン汁をかけただけでしたけど。

2007-02-02

歯が抜けました

昨日、娘の乳歯が抜けました。三本目。右下の二番目でした。

フランスでは、歯が抜けるとそれを枕の下に置いて寝ます。すると、ネズミが夜中にその歯を回収しに来ます。ネズミは抜けた歯のコレクションをしているそうで、お礼にプレゼントを置いていってくれるのです。つまり、朝起きてみると枕の下にプレゼントが! → 子供、喜ぶ。…というわけです。

うちの父ネズミは、何でもかんでもそんなにプレゼントで嬉しいか?!クリスマスとか、イースターとか、プレゼントばっかりじゃん!と思っているようで、どうもこの風習には協力的ではない様子。前回も、歯が抜けた日は母ネズミが出張だったので、母ネズミが帰宅してからその風習が発動されたという。(笑)

今回も、歯がグラグラしていることには随分前から気づいていたのに、そんな風習のことなんてすっかり忘れさっていて、歯が抜けたのを見て初めて、あ、ヤバっ、プレゼントなんて無いよ?(^^;、どうするんだ!?…と気にするだけはしていたようです。幸い、母ネズミが偶然ストックしていたプレゼントがあったのか、事なきを得たようですが。

ネズミも大変ですね。

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

contact

検索

無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

BANNERS