Bonjour!

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005年3月

2005-03-22

[ココログ] 記事の公開日時変更をもっと簡単に!

ココログ純正の記事の公開日時を変更する方法って、使いにくくないですか?

今日、何となく、ココログは何年前の記事まで書けるのかな?と思い立ち、何度か試してみて改めて愕然としました。

ということで、記事の公開日時を簡単に変更できるようにするためのbookmarkletを作りました。

※ 2008-11現在、Internet Explorer 6 では動かなくなっているとのコメントをいただきました((以前は問題なく動いていたのですが…))。確かに動きませんでした。原因が分かる方、情報、お待ちしております。_(._.)_

▼使い方

まず、下記のリンクをブックマークに登録(お気に入りに追加)してください。

公開日時を変更!

次に、公開日時を変更したい記事の編集画面を開いてから、このブックマークをクリックしてください。

すると、「本文」入力欄の下にある、「記事の状態」選択用プルダウンメニューの下に、14桁の数字が入ったテキスト入力欄が現れます。

例:

20050322snap

この14桁の数字は、「YYYYMMDDhhmmss」というフォーマットになっていて、YYYY年MM月DD日hh時mm分ss秒を表していますので、このテキスト入力欄にて数字を直接編集して希望日時に変更してください。

年は必ず4桁、その他は2桁ずつで、合計14桁になっていないとダメなので、そこだけは御注意を。

あ、あと、時間(hh)は、24時間制です。

# なので、12AMってどっちやねん!というイライラともこれでオサラバです!(笑)

後は、普通に「保存」ボタンを押せば変更完了です。

▼関連記事

- [f-] 下書き記事を現在日時にセット!

▼余談

14桁なので入力欄の size=14 にしてみたんですけど、Firefoxだとなぜか入力欄が小さいんですよね…。なんででしょう?(T_T)

→環境によっては大きすぎる時があるかもしれませんが、とりあえずsize=18にしてみました。

ということで、ココログは、0000から9999年まで設定可能ということですね。...と思ったら0000年はダメみたいで、0001年になるようです。エラーにはなりませんでした。…まあ、そもそも0000年は無いんですよね^^;

9999年とかは、やばいかもです。今試してみたんですが、凄く長い間サーバから返答がありません...

-005年(-を含めて14文字)とか-0005年(同15文字)とかも試してみたんですが、こちらはエラーになりました。

(追記 2006-11-12)ココログフリーでは、1902年あたりからしか設定できないようです。

▼更新履歴

- 2006-11-12:「公開日時を指定」時にカレンダー窓が開くようになっていたのを無効化
- 2010-01-29:IE6で動作しなくなっていたのを再調整、size=14→18に拡大

2005-03-14

トラックバックの問題について、等々

「トラックバックの注意書きを明示する」スクリプトを作るにあたって、いろいろと思ったことがあったので、忘れないうちに書いておこうかと。まとめられないので、いつものようにつらつらと。

▼トラックバックって何?

私は、これ↓で勉強しました。

- 3分でわかるトラックバック [はじめてのウェブログ [weblog for beginners]]

ホントに3分でわかりました(笑)

本当にわかっているのかどうかはさておき。

▼正しいトラックバックとは?

トラックバックの何が正しくて何が正しくないかということについていろいろと議論があるようですが、私自身は、「正しい」という言葉を使うこと自体が正しくないんじゃないかな、なんて思ったりしてます。

もちろん、想定される使い方ってのが大本の文書にはありますが、解釈次第ともいえますし、思いもしなかった使われ方が有益な場合もありますし。

なので、トライ&エラーでやってみたり、ケースバイケースで対処していく方がいいと思うんですが、日本人って、鎖国の名残のせいなのか、「挨拶して当然」みたいな「常識」感が強いですから、いきなり送りつけられるトラックバックという舶来概念にはなかなか馴染めないんですよね(*1)

これからも、まだまだ議論は続くことでしょう...。この議論が収束するのは、もう一世代ぐらいかかるかも。

ということで、私個人は、「『正しい』トラックバックなんて、まだない。」っていう立場ですので、トラックバックはお気軽にどうぞ。

▼トラックバックしていただくなら...

ただ、一応、個人的な好みはあります。

トラックバックしていただくなら、少なくとも、記事に関係があるということが私にもハッキリ分かるようにして欲しいと思ってます。どう関係があるのか分からないと、モヤモヤして気分がよくないからです。

...この「私にも」というのが曲者なんですが(^^;

言語的な観点で書いてみると、私は、日本語はだいたいOKですが、語彙は少ない方ですし、思い込みも多いです。方言は、分からない時もあります(以下同様)が、標準語と関西弁、名古屋弁あたりはだいたい分かるはず。また、英語、フランス語なら、辞書の助けを借りればだいたいOK。その他、ロシア語、韓国語、中国語は、ウェブ翻訳があれば大筋を外さない程度には分かると思います(時間がかかりますが)。その他の西欧系言語、タイ語、アラビア語は一応何語であるかが見分けがつくと思うので、もしかしたら分かるかも(西欧系言語は、ちょっと見分けが怪しいですけど^^;)。ペルシャ語、ミャンマー語は、文字は見分けられるかも。あ。サンスクリットとかヒエログリフとか楔型文字もマヤ文字もわかるかも(笑)。インド系、東欧系は、その他の東南アジア系は、どれがどれだかちょっと...。その他の言語も、たぶん分かりませんが、20語以上あれば、何語かぐらいはもしかしたらわかるかもしれません。これで↓
Language Guesser

...みたいに、自分のことを書くことですら大変ですし、なおさらトラックバックを送る方にそんなことまで分かるわけはありませんし。(まあ、このブログは日本語ですから、日本語だと送っても大丈夫だと普通は思うでしょうけど)

ということで、とりあえずトライで。

▼リンクを張るなら...

それから、リンクを張るなら、トップページじゃなくて、元記事へ張って欲しいなあと思ってます。

これは、ココログでは、トラックバックしてもらった記事に対して非常にアクセスしづらいからという、超個人的な都合によります(^^;

トラックバックがつくとメールで知らせてもらう設定にしてあるんですが、このメールに元記事へのリンクが張られていないので、どうしてもまずトラックバック元の記事を開くんですが、そこに元記事へのリンクがないと、どこにトラックバックしてくれた記事なんだかが分からなくなってしまったりします。

で、メールを再度みて、タイトルを確認して、古い記事の場合は「サイト内検索」にそのタイトルを入れてGoogleで検索して、見付からなければ見付かったバックナンバーのページとかカテゴリ別ページとかにアクセスして、今度はブラウザのページ内検索機能をつかって該当記事にアクセスし、「固定リンク」をクリックして...云々...。ホント、非常に面倒な時があるんですよね。

ココログの管理画面を開いても、最近の5件分のトラックバックしかみれないし、その5件に対しても、やっぱり元記事へのリンクがない。

サイドバーにある「最近のトラックバック」リンクリストにも、自分の記事へのリンクはない。

...そんなこんなで、非常に不便なわけです。

ということで、ここでは、システムの問題だと主張しておきたいと思います。

(そうそう。そもそもトラックバックURLって何ですか。記事にURLがあるんだから、そのURLでいいじゃないですかねえ。自分の記事内に張ったリンクのrel属性に"trackback"って書いておけばトラックバックしてくれる、とか、既に一度送ってあったら(トラックバック先の記事に既にあれば)普通は再送信されないようになっていて、何らかの形で複数送信をできる余地も残しておく、とかという風になっていればよかったのに。...rel属性じゃ、意味的に変かな。)

▼どんな時にトラックバックすればいいのか

はてなダイアリーのように、相手の元記事へのリンクを張って、かつ、ナニナニという条件を満たしていれば、自動的にトラックバックしてくれるというシステムもあります。

これはこれでなかなか優れものですが、使いづらい時も多々あります。

私は、自分が送りたい時にトラックバックしたいと思っています。

ただ、トラックバックには相手があることですし、トラックバックというシステムの(相手の記事に自動的に自分のところへのリンクを張るという)性質上、最終的には相手のポリシーに従うべきだろうと思っています。

ということで、ここへのトラックバックも、二回目以降は私の好み優先でお願いします。

スパムにはそんなお願いも無意味なのが悲しいところですが。

▼トラックバックしなくても...

あと、トラックバックしなくても、アクセス解析やtrackfeedというのをつけていたり、bulkfeedsやFeedBack、technorati等々のブログ関連サービスでリンクされたかどうかをチェックしているので、あえてトラックバックを送っていただく必要はないかもしれません。

が、特に、「うーん、書いてることがよく分からん」ってな時にはトラックバックしていただくと喜びます。

また、性格として、かなりのムラっ気なので、あまりチェックしない時期もあります。なので、お知らせしておきたいなという記事の場合は、トラックバックやコメントしていただいた方がよいかもしれません。

▼しかし、重複トラックバックって、本当によくありますよね。ただ、私に謝られても...

私も、10回ぐらい連続してトラックバックしてしまったイタい経験があります。(しかも、モダシンさんにです^^;)

ココログの場合、トラックバックに成功してもトラックバック送信欄にURLが残っていることがあり、そのままで記事を再修正していると、その都度トラックバックを送ってしまうのです。

昔から、消しゴムがないと書けない(水彩画は書けない)タイプの人間なので、記事を公開してからよく修正するのですが、これは、その癖が裏目に出た、人生最大のイタい事件(笑)でした。

それ以来、トラックバックする都度、いちいち確認に行くようにしています。最近はよく忘れることもありますが。

で、トラックバックが届いてない場合、すぐに再送したりせず、しばらく待ってから再読み込みして確認するようにしているのですが、これが曲者で。...待っている間に、記事を修正したくなるんですよねぇ(^^;。危険、危険!

ココログの場合、記事修正前に、トラックバック送信欄にURLが残っていないかを絶対にチェックしなくちゃいけません。
...いけません。
...いけません。
...

...何故こんなバカなことをしなくちゃいけないんでしょう。

だから、これはシステムの問題だと主張しているわけですが。

ということで、他力本願。→ココログスタッフ様、よろしくご改善ください。期待しています。

----

ココログなどで重複トラックバックを防ぐには、他にも、こんな方法もあるようですね。↓

いかんともしがたい: トラックバックの多重送信を回避する方法

# さすがトラックバックを大量に受ける、いかんともしがたいさん。

私自身は、Firefoxでタブを沢山開いてブラウズしている場合が多いので、基本的にこの技は使えない(と思う)んですが、Session Saverという拡張機能を入れたので、できないことはないのかな。

# タブを沢山開いているときは、Session Saverでセッションを復元するのも当然重いので、やっぱり嫌かな。

▼なぜ重複するのか。

重複についての技術的解説およびMTでの回避(?)方法を、上記のいかんともしがたいさんの記事へのトラックバック元であるCaramel*vanillaさんの記事経由で見つけました。

nlog(n): トラックバック送信時のエラー

ココログでも、タイムアウトをもう少し長くしてくれればもうちょっとマシになりそう、ということかな...。難しいのかな?(→ココログスタッフ様などへの疑問)

----

以上。

====

(*1) まあ、そんなだから、いつまで経っても「リンクフリー」とか「無断リンク禁止」とが幅を効かせてしまうのかなとも思うんですが。WWW(ワールドワイドウェブ)なんですから、最初からリンクに許可は不要でしょ、って感じなんですが、これも結局トラックバックと同根だったりするところが悩ましい...。

(参考)「無断リンク禁止/直リンク禁止」命令に関する想定問答集

2005-03-12

トラックバックの注意書きを明示する

以前作ったコメントの設定を明示するためのスクリプトのトラックバック版です。このスクリプトを設置すると、記事別ページ(固定リンク先のページ)の記事本文の下にある「この記事のトラックバックURL:〜」と「この記事のトラックバック一覧です:〜」の間に、注意書きが追加されます。(ココログ、ブログ人などのTyppad系ブログ用です)

# ネタ元:「コロポックル: コメントに注意書き

★2005年末の仕様変更で、ブログ人では使えなくなっていたようです。ブログ人での設置方法は、以下の秋津羽さんの記事をご覧下さい。
ブログ人カスタマイズ7C:トラックバックの注意書きを表示(変更)


====

▼設置方法

まず、以下のコードを張り付けられるよう、サイドバーにマイリストのメモ欄を準備してください(メモ欄は、あらかじめ「テキスト表示」に設定しておく必要があります。また、マイリストは、左サイドバーだと動作しません)。

(追記)左サイドバーでも動作するようにしました。

# 両サイド使っている場合は、左サイドではなく、右サイドのできるだけ上部に設置した方が、作動が早くて良好です。

# Firefox 1.0, InternetExplorer 5.0 & 6.0, Opera 8.0で動作確認。

次に、そのメモ欄に以下のコードを貼り付け、最初の方にある var notes = '〜'; の、〜の部分を編集してから保存してください。(〜の部分に改行を含むと動作しないので、一行で書いてください。)

<script type="text/javascript">
<!--
var tbNotes = '重複トラックバックは単なるシステムの不備ですので、重複しても削除依頼したり謝っていただく必要はありません。お気軽にどうぞ(^^)<br />また、トラックバックをしました〜ってだけの御報告コメントは、全く不要ですので、お気遣いなく。<br />なお、このブログに初めてトラックバックする場合は、「<a href="http://facet.cocolog-nifty.com/divers/2004/08/__2.html">トラックバックについて</a>」を御一読いただければ幸いです。';
//
function addNotesOnTrackbacking(html) {
	var ref = _getRefNode();
	if (!ref) return;
	var div = document.createElement('div');
	div.id = 'notes-on-trackbacking';
	ref.parentNode.insertBefore(div, ref.nextSibling);
	div.innerHTML = html;
	
	function _getRefNode() {	// TypePad specific
		var n = document.getElementById("trackback")
		if (!n) return null;
		n = n.parentNode.nextSibling;
		while (n) {
			if (n.nodeType==1) {
				if (n.nodeName.toLowerCase()=='p') return n;
				else return null;
			}
			n = n.nextSibling;
		}
		return null;
	}
}
if (document.getElementById('right')) {
	addNotesOnTrackbacking(tbNotes);
} else {
	var tmp = window.onload;
	window.onload = function () {
		addNotesOnTrackbacking(tbNotes);
		if (typeof tmp == 'function') tmp();
	}
}
//-->
</script>
<style type="text/css">
<!--
#notes-on-trackbacking {
margin: 1em;
border: dotted 1px green;
padding: 0.5em;
line-height: 1.3em;
color: green;
font-size: smallerl;
}
-->
</style>

以上で設置完了です。

不明な点などがありましたら、コメントなどでお気軽に。

▼カスタマイズ

スタイルを変更するには、上記のstyleの部分を編集してください((トラックバックの注意書きは、"notes-on-trackbacking"というidが付いたdiv要素で作られます))。

# 例では、マージンが1文字分(margin: 1em)、枠が緑色の細い点線(border: dotted 1px green;)、パディングが半文字分(padding: 0.5em)、行の高さが1.3em(line-height: 1.3em;)、文字色が緑(color: green;)、フォントがかなり小さめ(font-size: x-small;)となっています。

なお、このコードは、適当に編集していただいて結構です。ご自由にお使いください。

2005-03-01

ココログのファイルマネージャーに画像を追加!(bookmarklet)

ココログのファイルマネージャーの画面でファイル名の横にサムネイルっぽい画像を追加表示してくれる機能を持ったブックマーク(お気に入り)を作ってみました。画像の削除が少し楽になるかと思います。

▼使い方

まず、以下のリンクをブックマーク(お気に入りに追加)してください。

ファイルマネージャに画像を追加

次に、ココログのファイルマネージャーの任意の画面で、そのブックマーク(お気に入り)をクリックしてみてください。

すると、ファイル名の横にサムネイルっぽい画像が追加表示されるはずです。

ということで、元画像を確認しながらファイルを削除できるようになり、ちょっとだけ便利になるかと思います。

# 小さな画像では分かり辛い場合のため、別窓を開いて元サイズで確認することができるように、各ファイル名および画像に元ファイルへのリンクを張っておきました。

▼注意点など

このブックマーク(お気に入り)をクリックするとサムネイルっぽい画像が追加されますが、これはサムネイルではありません。元画像を実際に読み込み、高さを小さめに指定して表示しているだけです。ということで、読み込みにはそれなりに時間がかかりますので、あらかじめ御了承下さい。

また、クリックされるごとに画像を読み込んで追加しているだけなので、他の画面に移ると、またクリックして追加してやらないといけません。ということで、使い勝手はそれほどよくありません。「あれ?この画像なんだっけ?」という時に使えるぐらいだと思ってください。

それから、javascriptを使っていますので、未対応のブラウザがあるかもしれません。不具合がありましたら、御一報ください。

Windows XP SP2 の IE 6 で試してみたところ、画像を表示する直前にセキュリティ関連のアラートが毎回出てしまうようです。

# 鬱陶しいのですが、これはファイルマネージャが https:// なのでしょうがないのでしょうか。よく分かりません。httpsとは関係なく、JavaScriptで画像と表示させる場合はそういうことになったそうです(tsupoさんのコメント参照

# ひえー。tsupoさん↑のところがtsupoと呼び捨てになってました。ごめんなさい〜。

また、IEなどの max-height が使えないブラウザでは、高さを64pxに決め打ちして画像を表示させています。つまり、高さが64pxより小さい画像は拡大表示されてしまいますので、横幅だけが大きい画像(水平線の代用画像など)がある場合は、表示に不具合がでるかもしれません。

# 高さを決め打ちしなければこういう問題は起こらないのですが、そうすると今度は全ての画像がアップしたサイズままで表示されてしまうので、しょうがなくheight:64pxと決め打ちしてみました...。なにかいい方法があるといいんですが。

Firefoxなどの max-height が使えるブラウザでは、画像が拡大されることはないので、表示の乱れも最小限に収まるかと思います。

▼動作環境

- Firefox 1.0で作成。動作確認。
- IE 6 でも一応確認。
- Safari 1.2.4(Mac OS X)でも動作しているそうです(Thanx,るるがさん^^)。

▼余談

これは、いわゆるbookmarkletです。

# bookmarkletという言葉を出さないようにしてみましたが、逆に分かり辛かったかもしれません(^^;

このタイプのbookmarkletは、以前既に作っていたんですが、以前のは長くてIEで動きませんでした。で、今日、ぴっくあっぷさんのところで、

[ぴ] ぴっくあっぷ。: 【ココログ】 ディスク大容量化へのプレリュード

...ファイル管理画面にプレビューや任意のフォルダにUpする機能が欲しいかなー

というつぶやきを見てその存在を思い出し、改めて見てみると短くできそうだったので、修正してみたのが今回のこれです。

容量が増えてくれたので、このbookmarkletの需要は減ったでしょうけど、忘れないうちにと思って作りました。

今回は、IEでも使えるようにした他、縦長で白っぽい画像の存在がわかりやすいように、imgタグのborder=0を付けませんでした。(border=0の方が見た目は綺麗でしたけど)

また、ファイル名のところにもリンクにして、クリックしやすくしました。

この変更にあわせて、画像以外にもリンクを張って元ファイルを確認できるようにしてみましたが、IEではダウンロードモードになってしまうものも多いので、あまり役にたたないかもしれません(^^;

ということで問題山積みですが、一応動作するようなのでとりあえず公開しておきます。

# 任意のフォルダにUpする機能の方は、tsupoさんにお任せ、と。(笑)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

contact

検索

無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

BANNERS