Bonjour!

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

2005年1月

2005-01-29

月別バックナンバー プルダウンメニュー


この記事の方法より下記の暴想さんのものの方がお勧めです。そちらでどうぞ!
リンク: 暴想: 月別バックナンバーをプルダウンメニューにするJavaScript.

---

月別バックナンバーの各ページへ飛べるプルダウンメニューを生成するスクリプトです。月別バックナンバーのURLが「blogのトップページのURL/西暦4桁/月2桁/」というスタイルになっている場合に使えます。

こんな感じ。

単純なスクリプトなので、ブログを書いていない月があっても問答無用でリンクが張られてしまいます。月に一度は記事をかいていないと不具合がでますので、その場合は記事を捏造してください(笑)

▼設置方法

HTMLを書ける所(ココログならマイリストのテキスト表示に設定したメモ欄など)へ下記のコードをコピー&ペーストし、必要な箇所を編集して反映させてください。

設置位置はどこでも構いません。設置したところにプルダウンメニューが表示されます。

(追記 2005-01-20)このプルダウンメニューは、javascriptがOFFのブラウザでは表示されないので、もともとあるバックナンバーへのリンクを消さないようにするか、バックナンバー一覧ページへのリンクを併記するなどの配慮をしておいた方がいいかと思います。javascripをOFFにしてもアクセシビリティが落ちないかどうか確認しつつ設置されるよう、お願いします。

(参考)KOROPPYの本棚: 全ての月別バックナンバーをプルダウン表示

(追記 2005-02-27)javascriptがOFFの場合のため、コードの中でnoscriptを使用するように変更しました。

▼設置するコードの例

<noscript>
<a href="http://facet.cocolog-nifty.com/divers/archives.html">バックナンバー一覧</a>
</noscript>
<script type="text/javascript" src="http://facet.cocolog-nifty.com/divers/files/monthlyArchiveSelector01a.js">
</script>
<script type="text/javascript">
<!--
MakeMonthlyArchiveSelectorHtml("http://facet.cocolog-nifty.com/divers/", "2003/12", "月別バックナンバー");
//-->
</script>

▼編集が必要な箇所

まず、最初のnoscriptの部分です。

ここではjavascriptがOFFの場合にバックナンバー一覧ページへのリンクが張られるようになっています。noscriptタグの間にあるaタグのhref属性でそのページのURLを指定していますので、ご自分のブログの設定にあわせて適宜編集してください。

# ココログなどのTypepad系ブログの場合、「ブログのトップページのアドレス(http://facet.cocolog-nifty.com/divers/)+archives.html」というURLになっています。

次に、

MakeMonthlyArchiveSelectorHtml(baseURL, date, title);

に該当する行の、()の中の三つの引数を編集してください。それぞれ、

: baseURL : 月別バックナンバーのURLの共通部分
: date : ブログを開始した年月(YYYY/MM)
: title : プルダウンメニューの最初に表示

となっていますので、例のように各引数を引用符で囲みつつ、半角コンマで区切って記述してください。

なお、このプルダウンメニューは、selectタグに"monthly-archive-selector"というidが付けておきましたので、CSSなどでスタイルを適当に調整することも可能です。

▼動作環境

- Firefox 1.0で確認。

- Internet Explorer 6でも動いてます。

- Netscape 7.1でも動きました。

- Konqueror 3.2.0でも、一応動いてるみたいです。

- Opera 7.53は、Segmentation Faultで落ちちゃうので確認できませんでした(T_T)
# 検索したけど意味がわからないので、誰か御存じでしたら教えてください_(._.)_
# Opera7.53(Ja)でも動いているようです(thanx alhozさん)。やはり、私のOpera 7.53が落ちるのは、他のスクリプトのせいっぽいですね(^^;

- Opera 6.05でも動いているそうです(^^)(thanx kuuさん)

▼ダウンロード

ご希望の方は、スクリプト本体:
monthlyArchiveSelector01a.js
をダウンロードして自由に使って下さい。

# 中では超原始的なことをやっているので、ちょっと恥ずかしいのですが(^^;

2005-01-26

福岡大学NTPサーバの混雑解消にご協力を

毎秒900件のアクセスとは...。

スラッシュドット ジャパン | 福岡大学NTPサーバの混雑解消にご協力を

ところで、皆さんへお願いですが、出来るだけ負荷を分散したいのです。 今や、clock.nc.fukuoka-u.ac.jpへのアクセスは毎秒900件ほどになります。 引き合いに出して申し訳ないのだけれども、東大のntp.nc.u-tokyo.ac.jpでも毎秒3,4件程度のトラフィックです。

...

YahooBBなどのISPのユーザは出来るだけISP内で提供しているNTPサーバを参照するようにお願いします。

何だか泣き言をいっているようで恥ずかしいのですが、ご協力をお願いします。

ということは、NTPサーバを提供していないISPもあるということですね。それは変ですね...。

NTP/プロバイダ・機関別 - wiki@nothing
プロバイダ別 ntp サーバリスト

@nifty、提供してませんでした。意外。しかも↓

トニイの徒然なるまま色々: @nifty では NTP サーバーを提供せず

...うーむ。それでいいのだろうか。

NTPサーバーについて

NTPサーバーを設置している大学は多いようですが、 一般向けのプロバイダでNTPサーバーを設置しているところはOCNくらいです。NTPサービスが普及してくれないと、時刻合わせ機能もあんまり意味ないです。いつまでも福岡大学にアクセスしていてもしょうがないと思うのですが。

他にも、ITmediaでも取り上げられていたものから引用を。

----

ITmediaニュース:福岡大のNTPサーバがアクセス集中で悲鳴

同サーバへのアクセスは毎秒900件に上り、大学の回線帯域を2Mbpsも使っているという。ADSLモデムに組み込まれた例もあるといい、負荷分散のため「例えばWindows系は出来るだけISP内のサーバを参照して欲しい」と呼び掛けている。

...

 福岡大学のNTPサーバは1993年に設けられ、各種時刻合わせソフトなどでもデフォルト的に使用されてきた。ただし原理上、遠方からアクセスすると精度が低くなるため、なるべく近くのNTPサーバを参照したほういい。時刻合わせソフトを常駐させたり、Windows標準のNTPクライアント機能を使用しているユーザーは、参照先サーバの設定を一度見直してみよう。

2Mbpsもとは...。
# うちなんか、1Mbpsですよ

該当ADSLモデム製造会社でもNTPサーバを提供すべきだと思いましたが、それは酷でしょうか。
# PL?
# ISPは、サービスだからPLじゃなくてSLですか。それともインフラでILとか?

Windows XPは、1週間に1回、time.windows.comで時刻あわせをするらしいです。
#が、つながらないこともあるとか。1週間に1回なのに。

以前私も「TClock」とか「桜時計」というフリーソフトを使って時刻あわせいましたが、福岡大に設定してしまっていたような気がします(^^;
#そういえば、姉宅のXPでは今でも桜時計が動いていたかもしれない。要確認。

ベクター:
桜時計(Windows95/98/Me/パーソナル)

作者の方のぺーじ:
inflation!
#お。既にお知らせが。

ということで、みなさんも是非一度確認を。

(参考)
NTPによる時刻合わせについて
>自分

2005-01-23

ブログコメントチェッカー→Bloglines用bookmarklet(修正版)

便利に使わせていただいているブログコメントチェッカーですが、RSSのURL生成ページのHTMLが変更になり、URLにリンクが付いていました。今回の変更でBloglines純正bookmarkletも使えるようになったので、拙作bookmarkletは不要になりましたが、自分的には3クリックより2クリックの方が楽なので、修正しました。

...ので公開しておきます。

ブログコメントチェッカー→Bloglines

これからもRSSのURL生成ページは変更になる可能性が十分ありますし、それが当り前(今回の変更で使い勝手が向上したのは確か^^)ですので、また使えなくなるかもしれませんが、その時はその時ということで。

# 1クリックにならないかな〜としつこくつぶやいてみるテスト。w

2005-01-20

日記/幼稚園のスト、冬の花

木曜日。幼稚園のストライキ。日本にはあるだろうか?

雨。

娘、暇にたえかね(?)庭に花を探しに行くも、見つけたのは枯れたタンポポっぽい蕾だけ。

====

どうして花がないの?
  ー 冬だから。

どうして冬には花がないの?
  ー 寒いから。

どうして寒いと花がないの?
  ー (むむ。)
    …
ねえ、どうして?
  ー (うーん。)
    …

  ー  寒いのが嫌いだからかも。

(不満顔)

じゃあ、花は今どこにいるの?
  ー (むむむ。)
    …

  ー …
    地面の中かな?(それはちがーう!)

====

格闘は続く。

2005-01-19

記事並び替えボタン(テスト)

トップページやバックナンバー、カテゴリページで、(見出し一覧&続きを読むボタン生成後に)本文エリアの上部に並び替えボタンが出ます。どうでしょう?

OK:
Firefox 1.0
Internet Explorer 6
Konqueror 3.2.0
Netscape 7.1

NG:
Opera 7.53

Event thread: onclick
Error:
name: DOMException
message: HIERARCHY_REQUEST_ERR

# HIERARCHY_REQUEST_ERR :
# ノードが所属先以外に挿入された場合
# ...並び替えるなってこと?...(T_T)

バックナンバーで.entry-navが下に消えちゃいますね(^^;

肝心のスクリプト本体を置いておくのを忘れてました。orz
「sortEntries01a02.js.txt」
「sortEntries01a.js」をダウンロード

# はてなみたいな構造だともっと楽なんですけどねぇ...

▼(追記)一応設置方法なんかを。

右サイドバーのメモ欄(テキスト表示に設定済み)に、

<script type="text/javascript" src="http://facet.cocolog-nifty.com/divers/files/sortEntries01a.js">
</script>
<script type="text/javascript">
<!--
function getSwitchToSortEntries()
{
	var text0 = "古い順に並び替え";
	var text1 = "新しい順に並び替え";
	return '<a class="switch" id="switchToSortEntries" href="#container" onclick="sortEntriesByDate();toggleText(this, '+"'"+text0+"'"+', '+"'"+text1+"'"+');" >'+text0+'</a>';
}
appendSwitchToSortEntries("content-top", "div", "center");
//-->
</script>
<style tyep="text/css">
<!--
.content-top {
text-align: center;
font-size: x-small;
margin: 15px 15px 0px 15px;
}
.content-top a.switch {
border: solid 1px silver;
text-decoration: none;
padding: 2px;
background-color: white;
color: #6699cc;
}
.content-top a.switch:hover {
border: outset 1px silver;
color: #99ccff;
}
#center {
background-color: white;
}
-->
</style>

みたいな感じで設置しています。

以下、中身の説明を少し。

function getSwitchToSortEntries()
{
...
}

という関数で並び替えボタンを作っています。

最初のtext0とtext1は、自分のブログ設定などにあわせてどうぞ。

# このスクリプトは純粋にひっくりかえしているだけみたいなものなので、「日付は古い順だけどその中で記事は新しい順」なんていう設定だと、並び替えても分かり辛くなるだけかも。

return行の引用符内を適当に編集することで、並び替えボタンもカスタマイズできます。

また、

appendSwitchToSortEntries("content-top", "div", "center");

の一行は、「"center"というidをもった要素中の"div"タグの内、"content-top"というidまたはclass名を持った要素の中に、並べ替えスイッチを追加する」という命令ですので、この三つのパラメータを変更することで、好きなところに変更できます。

なお、この命令は、ココログベーシックでは追加できない"content-top"にボタンを設置したかったから作っただけなので、下記のようなaタグを直接HTMLに追加できる場合は不要です。

例)

<a class="switch" id="switchToSortEntries" href="#container" onclick="sortEntriesByDate();toggleText(this, '古い順に並び替え', '新しい順に並び替え');">古い順に並び替え</a>';

2005-01-10

日記

気温

08:30 -0℃ 曇
12:00 7℃ 晴
13:30 12℃ 晴
16:00 10℃ 曇

2005-01-09

生牡蠣はほどほどに

うるわしのブルターニュ: 生牡蠣山ほど食べました を読んで思い出したこと...

ドレッシングは赤ワインビネガーに生のエシャロットを刻んだもの。さっぱりしていて、これがとってもおいしかった秘訣でしょうか。

私も牡蛎はそれほど得意ではないのですが、このドレッシングで食べるといくらでも食べられてしまいますね。

いつだったか、やはりクリスマスの時に、大量に食べたことがあります。

その時は、妻の家族みんなでアルザスに集まったのですが、妻の親戚がブルターニュから直送してくれた生牡蛎は、とても大きく、新鮮で、それはそれは美味しいものでした。

実は牡蛎が嫌いだったのですが、フランスの生牡蛎はおいしいと聞いていたので、食べてみることにしたのです。

出てきた牡蛎は6個。その大きさと多さに驚愕していると、一人12個ノルマね、というではありませんか。半ば呆れつつ、そんなに食べれませんよ、これだって食べ切れるかどうか...というと、ダメなら残せばいいからと言われました。

そこで、義父お薦めの、ビネガーと刻んだエシャロットのドレッシングをかけて食べ始めてみると...美味いじゃないですか!

...結局、3皿、18個も食べてしまいました。orz(笑)

しかも、それで終わりじゃなく、次の日も、またその次の日も生牡蛎が登場。...親戚の叔父さん、送り過ぎ(^^;

で、二日目は12個、三日目も6個ぐらい食べて、結局、約36個も食べてしまいました。

そして、四日目、妻の家に帰った12月25日の晩のことでした。...あの酷い寒気と嘔吐が私を襲ったのは。

最初は、なにか妙に寒いな、と思っただけだったんです。でも、だんだん我慢できなくなってきたので、お風呂に入ってみたんですが、一向に寒気は止まらず、あきらめてふとんには入り、寝ることにしました。

しかし、今度は酷い吐き気がし始め、一度吐けばすっきりするかと思い吐くことにしたのですが、その後、吐いても吐いても止まらず、胃に何もなくなっても吐き気は続き...。のたうち回って、10回ぐらい吐いた後だったでしょうか。たまらず、妻に医者を呼んでもらうことにしました。

すると、「毎年この日はみんなそうだから、いつ行けるかわかりませんよ。」と言っているというではありませんか。ひえー。

待っている間、100回ぐらい(?)は吐いたでしょうか。この時は正直、もうダメかも、と思いました。

医者が来たのは、朝の5時過ぎ。真っ白に燃えつき、生まれ変わったような気分に浸っていた時のことでした。

というわけで....

生牡蛎は やめられなくても ほどほどに
超新鮮でも 三日は危険

コメント送信ボタンの非表示化、一時中止します

コメント欄の設定を明示するためのスクリプトを11月に作ったとき、どうせならコメントの送信ボタンも消してしまおうと思い付いたのですが、12月のメンテの結果、コメント本文にURLが含まれている場合、確認画面を経由するとエラーが発生するようになってしまいました。しばらく[送信]ボタンも出すようにしておきますので、URLを入力される場合は、[確認]ボタンを押さず、直接[送信]ボタンを押していただけますよう、お願いします_(._.)_

----

私のブログは、コメント欄の設定が

コメントでのHTML使用を許可する :OFF
URL を自動リンクする :ON

となっています。

コメント本文の入力欄で、http://で始まるURLを書いて[確認]ボタンを押すと、自動リンクを貼ってくれると同時に、出てくる「コメントの確認」画面のコメント本文の編集欄のURLにもaタグが付きます。

以前はそれで[送信]ボタンを押せば何事もなかったのですが、先月(2004年12月)のメンテナンスの結果、

問題が発生しました

このココログではHTMLを含んだコメントをすることはできません。

下に入力された内容を訂正してから「送信」を押してコメントしてください。

というエラーが表示されるようになってしまいました。

Day by Day, by Day: 0222 コメントへのURL挿入について

によると、もうすぐ不具合が解消されるそうです。待ち遠しいです...ヒロシです...

2005-01-08

ブログコメントチェッカーで生成したRSSをBloglinesに登録するbookmarklet

タイトル通り、ブログコメントチェッカーで生成したRSSをBloglinesに登録するためのbookmarkletです。

先日、RedCruise社から、 他人のブログに書いたコメントへの返答をRSSリーダーで自動通知してくれる「ブログコメントチェッカー」(無料)サービス が発表されました。

自分のブログの場合は記事にコメントが書かれるとメールで通知してくれますが、他人のブログにコメントを書いたときはその後に返信があったかどうか、自分で見に行かないとわからない場合がほとんどです。上記にコメントしたページのURLとハンドルネーム(名前)を登録しておくと新たにコメントが書かれたときに"「~の記事」に新着コメント"という通知をRSSリーダーでチェックできるようになります。

RedCruise社のサイトには、このブログコメントチェッカーを手軽に使えるようにするbookmarkletを生成するページも用意されています。

このbookmarkletを使うと、RSSリーダに登録するためのURLが表示された画面が生成されます。

RedCruise社のeクルーザーというRSSリーダを使っている場合は、その画面からワンクリックで簡単にリーダに登録できるのですが、他のRSSリーダを使っている場合は、その画面に表示されたURLをコピー&ペーストして登録する必要があって、はっきりいって面倒です。

ということで、その画面で使えばBloglinesに登録してくれるbookmarkletを作ってみました。

下記のリンクをブックマークして使ってください。

!ブログコメントチェッカーで生成したRSSをBloglinesに登録

# RSS用URL生成ページのHTMLが変更になった(RSSのURLにリンクがついた)ので、それにあわせて、上のブックマークも変更しました。

まあ結局、コメントしたページでブログコメントチェッカー用bookmarkletを使い、出てくる画面でもう一度このBloglines用bookmarkletを使う必要があって二度手間なんですが、使い勝手はそんなに悪くないと思ったので公開しておきます。

# やってることは簡単なんですけど、書くと長いですね...(^^;

で、ブログコメントチェッカーをしばらく使ってみたんですが、返答を上手く拾ってくれない場合があります。返答がないのに、 新着コメントあり(1月8日7時00分現在) といった表示がされてしまうことがままあり、残念。

これが上手く機能してくれればコメント先管理の救世主となってくれる可能性もあると思うので、さらなる精度向上を期待しつつ、もう少し使ってみようと思います。

# 主要RSSリーダに登録できるようなbookmarkletは、...無理かな(^^;


(更新履歴)
- 2006-10-01 Firefoxの拡張機能、URL Breaker使用時の不具合に対応((RSSリーダー登録用URLをリンクのhrefから取るようにした))
- 2005-01-22 コメントチェッカーのRSS生成画面の変更に追従((表示されているRSSリーダー登録用URLにリンクがついたので、リンク内の文字列からURLを取得するように変更))

2005-01-07

日記

気温

08;30 7℃ 曇
12:00 9℃ 曇
16:00 9℃ 曇

幼稚園からのクリスマスプレゼントを渡された。びっくり。

330mlの瓶ぐらいのチョコサンタと食器のおもちゃセット。

2005-01-06

日記/幼稚園登園再開、散歩

幼稚園投園再開。娘、嬉々として行く。午後4時の幼稚園終了後、せがまれたので、二人で散歩。1時間以上歩いたのだが、最後もしっかり歩けていて、疲れた(T_T)と文句をいうこともなかった。大きくなったなあ。

雨上がりで靴が汚れてしまったし、天気も良くなくて誰も散歩していなくて寂しい限りだったが、アヒルに近寄って逃げられたり、花壇の淵で平均台歩きをしたり、アラレちゃんのキーン走りをしたり、道端の岩に登ったり、拾った小枝で花壇の潅木を叩いて怒られてすねたりしている娘を見ながらの川辺の散歩は本当に楽しかった。

5時すぎ。日が暮れ始めたころ、妻が「疲れたから今日は5時に速攻で帰るから家にいてね」と言っていたことを思い出す。帰省中、妻の元上司にスペアキーを預けていてまだ返してもらっていないので、家の鍵を自分しか持っていないのだ。

よりによって、そのとき、町の反対側で散歩をしてしまっていた。いくら人口3000人の小さな町だといっても、すぐには帰れない。娘をせかせ、急ぎ足で帰ったのだが、いかんせん3歳の足ではなかなか進まない。たまにダッコして早足で歩くが、娘ももう15kg近くなので、さすがに長く持っては歩けない。降ろすとゴネる。なだめすかしてまた歩く。結局、家に帰った時には5時半を過ぎていた。...やば(-_-;

しかし、妻はまだ家に帰っていなかった。寒空に待たせるなんてことがなくて良かった、良かった。

気温

08:30 小雨
12:00 7℃ 曇
16:00 7℃ 曇

2005-01-04

ココログのHTML変更に伴うjavascriptの不具合について

ということで、先月のメンテナンスでココログのHTMLソースの変更があり、拙作javascriptの多くに不具合がでているようです。対応が遅れて申し訳ありませんでした。...orz

どんな変更だったのかまだきちんと見ていないのですが、HTML変更が先行したブログ人での対策がそのまま使えるようです。(発見してくださったユーザのみなさん、どうもありがとうございました)

ブログ人のHTML変更に伴うjavascriptの不具合について

用語に違いがありますが、類推はつくと思いますので、改めてココログ用の記事は書かないということで御了承ください。...実際は面倒なだけですが(^^;。不明な所があればコメントにて対応させていただきますので。

# できれば、ここに関連記事へのリンクを張れたらなあと思っていますが、関連記事の(再)トラックバックも大歓迎です。

----

ところで、今回のココログのHTML変更のお蔭で、またブログ人とココログ共通のスクリプトが使えるようになったっぽいですね(^^)

最初のココログのHTMLと同じままのTypepad系ブログもあるかと思いますが、順次、拙作スクリプトを新HTMLに対応させていきたいと思っています。

# リクエストも大歓迎です。

また、今回のHTML変更で、今までできなかったこともできるようになった感じなので、新作も作りたいなあと思ってます(^^)

# こんなことできません?というコメントなんかも大歓迎です〜

あけましておめでとうございます。

昨夜、10時半頃に帰宅しました。昨日は長旅疲れで書き込む元気もありませんでした。今朝も本当はもっと寝ていたかったのですが、時差ボケ娘に起こされてしまいました(T_T)

今回の帰省では結局、ネットに書き込む時間が全然取れませんでした。そんな時に限ってココログのメンテで拙作スクリプトが動かなくなっているし...(^^; えてしてそんなものですね。

ということで、随分遅くなってしまいましたが、これから対策を含めてまたボチボチ記事をアップしていきます。コメントやトラックバックへのレスも、ボチボチということで_(._.)_

---

昨年は、本当に楽しくブログができた一年でした。今年もよろしくお願いします(^^)

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

contact

検索

無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

BANNERS