Bonjour!

« 日記/通園再開、少し発熱? | トップページ | 月の土地は誰のもの? »

2004-01-06

Re: 句読点の使い方

中国語の句読点が「,。」の組み合わせであるということには気づいてたんですが、中点は考えたことさえありませんでした。

ちなみに中国語では句読点は「,。」の組み合わせで、中国の「、」は日本の「・」に相当する。

句読点の使い方 : ウェブログ@ことのは

へえ~へえ~へえ~。(←「何とかの泉」風。この番組、見たことないんですが(^_^;)。そうそう、トリビア。って、トリビアというわけでもないんですが。)

フランスではどうでしょう……(←てんてんが二マス分だというのも初めて知りました(^_^;)。句読点は、やっぱり「, .」の組み合わせですね。日本の中点「・」に相当するのは、何でしょう? …… 「/」かな??

そういえば、会話を表す括弧(=引用符?)は、フランスでは「«」と「»」であると習った覚えがあります(文字参照で言うと &laquo; と &raquo; 。《二重山形カッコ》とはまた違うようですね。)が、最近は " を使うことが多いように感じます。キーボード文化でしょうか。そもそも、(フランス本国式の)フランス語キーボードには、 「«」も「»」も無いんですから(「<」や「>」はありますが)。これらの引用符は過去の遺物となってしまったのでしょうか……。

また、引用符の話で思い出したんですが、英語では、

"Any delay in arresting the assassin," I observed, "might give him time to perpetrate some fresh atrocity."

という風に、会話以外の文節(I observed,)が引用符の外にあるのでわかりやすいんですが、フランス語では、

« Et si personne ne me vient en aide contre ce bandit, déclara Rozaine au commandant, moi, je lui ferai son affaire. »

という風に、会話以外の文節(déclara Rozaine au commandant,)まで引用符の中に入っていたりして、最初はよく「なんじゃこりゃ~」と思いました。

そうそう、あと、英語とフランス語の表記の違いをよく感じたのは、 ! や ? でしょうか。英語では、What? のように単語に符号を引っ付けて表記してますが、仏語では、Quoi ? のように、単語と符号の間にスペースが入ることが多いように感じます。同様に、: や ; なんかも、英語では右側だけにスペースが入りますが、フランス語では両側にスペースが入ることが多いような気がしますね。

# ……と、どうでもいいことでまた長々と書いてしまった。カテゴリは何にしよう…… 文化? 地域? 国際? それとも単なるつぶやき? つぶやきにしておこう(..)…… えー、もうこんな時間!?

« 日記/通園再開、少し発熱? | トップページ | 月の土地は誰のもの? »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1941/77126

この記事へのトラックバック一覧です: Re: 句読点の使い方:

« 日記/通園再開、少し発熱? | トップページ | 月の土地は誰のもの? »

contact

検索

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

BANNERS