Bonjour!

« 韓国でTUBEのCD発売 日本語第一弾 | トップページ | ブログのポテンシャル »

2004-01-09

ガレット・デ・ロワ

2004-01-08(木)、保育園に娘を迎えに行くついでに、お菓子屋でガレット・デ・ロワ(Galette des Rois:王様(三賢者)のガレット)を買いました。このガレットを食べるというのは、本来、一月最初の日曜日(今年は4日)の行事だそうなんですが、今年は買い忘れていました。

実は、火曜日にも買ったんですが(^_^;)、お菓子屋のが売り切れで仕方なくパン屋で買ったということもあり、やっぱりお菓子はお菓子屋で買わないとね……というわけで、また買ってしまったわけです。先日の10ユーロ50に比べ、今回のは16ユーロとちょっと高かったんですが、さすがにお菓子屋だけはあり、中身が違いました。

ガレットといえば、そば粉のクレープや、ビスケットみたいなものといろいろありますが、このガレット・デ・ロワは、パイ生地のケーキ(タルト?)です。パン屋で買ったのは単なるリンゴパイだったんですが、

01060022.jpg

今回のは……なんだろう?アーモンドかな。シナモン系の味もします。

01090005.jpg

うん。これこそ本当のガレット・デ・ロワだ! ……って、本当のガレット・デ・ロワがどんなものか知らないんですが(^_^;)。たぶん、地方によっても違うのでしょう。

ところで、このガレット・デ・ロワ、中には小さなセラミックの人形などが入っていて、それが入っていた人が当たり!と、ささやかな楽しみもあります。前回は妻がいんちきをして当たりだったんですが(^_^;)、今回は正直者の(?)私が当たりでした(^^)。新年占い的な意味もあるんでしょうか。昔買ったやつには当たりが二個入っていたんですが、今回のは両方とも一個でした。

今回の当たりは……ティーカップ、かな。

01090007.jpg

ちなみに、前回のは人形でした。

01060024.jpg

# クマだな、これは。

なお、(前回の)ガレットの全体像は、こんな感じ。

01060006.jpg

# 今回のは写真を撮る前に食べちゃいました(笑)。

しかし、これを食べるたびに思うのは、七草粥との違いです。あれほど大量で濃厚な食事をクリスマス&年末年始に食べていても、年明けに食べるのはやっぱり濃厚なお菓子、ガレット・デ・ロワ……。恐るべし、フランス人(^_^;)。

« 韓国でTUBEのCD発売 日本語第一弾 | トップページ | ブログのポテンシャル »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1941/88452

この記事へのトラックバック一覧です: ガレット・デ・ロワ:

« 韓国でTUBEのCD発売 日本語第一弾 | トップページ | ブログのポテンシャル »

contact

検索

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

BANNERS